【WordPress】Search & Filterの使い方を紹介!絞り込み検索可能なプラグイン!

(この記事は2022年3月30日に投稿されました。)

皆さんはWordPresssのSearch & Filterを知っていますか?

Search & Filterとは「カテゴリー」「タグ」「キーワード」でサイト内検索を設置できる無料のプラグインとなります。

サイト内検索を設置できることから、「どのテーマにもあるサイト内検索と変わらないのでは?」と思うかもしれませんが、

Search & Filterはシンプルな検索だけでなく、複数の条件を選択する、「絞り込み検索」も作成することが可能です。

つまり、Search & Filterは「自分のサイトにあったサイト内検索を実現できる」というところが美味しいところとなっています。

もし、絞り込み検索を設置したいと思っている方は、是非Search & Filterをインストールしましょう。

今回はWordPressの絞り込み検索可能なプラグインである、Search & Filterの使い方について紹介していきます。

この記事はこんな方におすすめ
・Search & Filterを使用したい人
・サイトに絞り込み検索を設置したい人




Search & Filterとは

Search & FilterとはWordPress用のシンプルな検索およびフィルタリングプラグインとなります。

カテゴリ、タグ、カスタム分類、投稿タイプ、投稿日、またはこれらの任意の組み合わせて簡単に検索することができ、

ドロップダウン、チェックボックス、ラジオボタンなど様々なタイプのフィールドを設定することができます。

Search & Filterの基本的な使い方

ここではSearch & Filterの基本的な使い方について紹介していきます。

Search & Filterの使い方は下記のような手順となります。

手順1
Search & Filterをインストール
プラグインが使用できるよう、Search & Filterをインストールします。
手順2
Search & Filterのショートコードをコピー
Search & Filterのショートコードをコピーします。
手順3
Search & Filterのショートコードを貼り付け
設置したい場所にSearch & Filterのショートコードを貼り付けます。

Search & Filterをインストール

まずは、Search & Filterをインストールします。

プラグインの画面で「Search & Filter」と検索し、インストールしましょう。

⚫︎ searchform.php

インストールが完了しましたら、[有効化]をクリックすれば完了で、左側のメニューに「Search & Filter」が追加されます。

Search & Filterのショートコードをコピー

Search & Filterをインストールしましたら、ショートコードをコピーします。

左側のメニューにある[Search & Filter]をクリックしてSearch & Filterの設定画面を表示します。

すると、「How To Use」の項目に下記のようなコードが表示されるかと思いますので、自分のSearch & Filterの画面にあるショートコードをコピーします。

Search & Filterのショートコードを貼り付け

Search & Filterのショートコードをコピーしましたら、設置したい場所に貼り付けしていきます。

検索フォームは基本的には「searchform.php」に記載することが多いので、今回はsearchform.phpにコピーしたショートコードを貼り付けます。

⚫︎ searchform.php

すると、 下記の画像のようにキーワード、カテゴリータグの3つの条件が表示された検索フォームが表示されるようになります。

これで、基本的な使い方は完了です。

Search & Filterの応用的な使い方

続いて、Search & Filterの応用的な使い方について紹介していきます。

応用的な使い方をすることで、先ほどの検索から、下記のような検索フォームへとカスタマイズすることができます。

あまり変化はありませんが、見出しがついていたり、初期値の値が変更されています。

Search & Filterで検索する条件を調整する場合

Search & Filterで検索する条件を調整する場合は、ショートコードのfieldsというパラメータを編集します。

先ほどまでもfieldsパラメータに「search,category,post_tag」を指定して、キーワードとカテゴリーとタグの条件を設置していましたが、値を編集することで、検索する条件を調整することができます。

そのため、キーワード、カテゴリーやタグの中から1つもしくは2つの条件を使っての絞り込み検索が可能となります。

キーワードのみを表示する場合

キーワードのみを表示する場合はfieldsパラメータにsearchのみを指定します。

すると、下記のようなコードのようになります。

⚫︎ 実行結果

カテゴリーのみを表示する場合

カテゴリーのみを表示する場合はfieldsパラメータにcategoryのみを指定します。

すると、下記のようなコードのようになります。

⚫︎ 実行結果

タグのみを表示する場合

タグのみを表示する場合はfieldsパラメータにpost_tagのみを指定します。

すると、下記のようなコードのようになります。

⚫︎ 実行結果

キーワードとカテゴリーを表示する場合

キーワードとカテゴリーを表示する場合はfieldsパラメータにsearchcategoryを指定します。

すると、下記のようなコードのようになります。

⚫︎ 実行結果

キーワードとタグを表示する場合

キーワードとタグを表示する場合はfieldsパラメータにsearchpost_tagを指定します。

すると、下記のようなコードのようになります。

⚫︎ 実行結果

カテゴリーとタグを表示する場合

カテゴリーとタグを表示する場合はfieldsパラメータにcategorypost_tagを指定します。

すると、下記のようなコードのようになります。

⚫︎ 実行結果

Search & Filterの検索にそれぞれ見出しをつける場合

Search & Filterの検索にそれぞれ見出しをつける場合は、ショートコードにheadingsというパラメータを指定します。

すると、下記のようなコードのようになります。

⚫︎ 実行結果

条件が複数ある場合はheadingsで指定した値を「,」で区切ることで見出しをそれぞれにつけることができます。

Search & Filterの検索の形式を変える場合

Search & Filterの検索の形式を変える場合はショートコードにtypesというパラメータを指定します。

先ほどまではカテゴリーやタグの一覧を表示する場合はプルダウンメニューになっていましたが、そさまざまな形式にカスタマイズすることができます。

プルダウンメニュー形式にする場合

検索条件の形式をプルダウンメニューにする場合はtypesパラメータにselectを指定します。

すると、下記のようなコードのようになります。

⚫︎ 実行結果

また、デフォルトがプルダウンメニューになりますのでパラメータを引き当てなくても構いません。

チェックボックス形式にする場合

検索条件の形式をチェックボックスにする場合はtypesパラメータにcheckboxを追記します。

すると、下記のようなコードのようになります。

⚫︎ 実行結果

ラジオボタン形式にする場合

検索条件の形式をラジオボタンにする場合はtypesパラメータにradioを追記します。

すると、下記のようなコードのようになります。

⚫︎ 実行結果

Search & Filterはテーマによってカテゴリー名やタグ名が表示されない?

Search & Filterは、ショートコードを追記するだけで、絞り込み検索まで設置することができ、とても便利なプラグインです。

しかし、こちらのプラグインはテーマによってカテゴリー名やタグ名が表示されないケースがあるので注意が必要です。

例えば、下記の動画をご覧ください。

こちらは「Twenty Twenty-One」というテーマの中でSearch & Filterを使用していますが、検索結果にキーワードは表示されているものの、カテゴリーやタグが表示されていません。

つまり、Search & Filterの絞り込み検索は機能していますが、カテゴリー名やタグ名を取得できていないため、表示されていない状態となっているのですl。

そのためもし、Search & Filteでカテゴリーやタグを使って検索して、カテゴリー名やタグ名が表示されない場合は下記の記事をご参考ください。

Search & Filterは無料版だけでなく有料版もある

実は、「Search & Filter」には「Search & Filter Pro」というSearch & Filterの有料版も存在します。

コードを入力してカスタマイズする「Search & Filter」に比べて、「Search & Filter Pro」はUI画面で検索のカスタマイズ設定が可能となります。

また、リストに表示したくないカテゴリーやタグの設定もUI画面で調整ができます。

他にもさまざまなカスタマイズが簡単にできますので、コードでカスタマイズするのが苦手な人は「Search & Filter Pro」を使用することをおすすめします。

まとめ

⚫︎ Search & FilterとはWordPress用のシンプルな検索およびフィルタリングプラグインである

⚫︎ Search & Filterの基本的な使い方は下記の手順である
・Search & Filterをインストール
・Search & Filterのショートコードをコピー
・Search & Filterのショートコードを貼り付け

⚫︎ Search & Filterの応用的な使い方として下記の内容がある
・Search & Filterで検索する条件を調整する場合
・Search & Filterの検索にそれぞれ見出しをつける場合
・Search & Filterの検索の形式を変える場合

⚫︎ Search & Filterはテーマによってカテゴリー名やタグ名が表示されないケースがある

⚫︎ コードでカスタマイズするのが苦手な人は有料版の「Search & Filter Pro」がおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。