【JavaScript】lengthで指定した文字列や配列の長さを取得する!

(この記事は2022年9月2日に投稿されました。)

JavaScriptで文字列や配列の長さをカウントする方法として、lengthがあります。

lengthとは指定した文字列や配列の長さを取得するプロパティになります。

例えば、「あかさたな」という文字列にlengthを使用すると、「5」というように、半角全角関係なく1文字を1カウントとして数えるようになります。

また、配列の長さを取得する場合にもlengthを使用することはできますが、文字列とは書き方が異なりますので注意が必要です。

そして、lengthは1次元配列だけでなく、2次元配列や3次元配列のような多次元配列にも使用できたりします。

文字列や配列の長さをカウントする処理は、プログラミングをしていく上で必要な処理になってきますので、どこで、どのように使用するのかここで覚えておきましょう。

今回はJavaScriptのlengthで指定した文字列や配列の長さを取得する方法について紹介していきます。

この記事はこんな方におすすめ
・JavaScriptで文字列の長さを測りたい人
・JavaScripで配列の長さを測りたい人




lengthとは

lengthとは、指定したオブジェクトの長さをカウントすることができるプロパティになります。

lengthの書き方

lengthの書き方は下記のようになります。

⚫︎ 文字列の場合

⚫︎ 配列の場合

オブジェクト(文字列や配列)の後ろにlength()を指定することで、指定したオブジェクトの長さを取得するとができます。

また、配列に場合はそのまま指定するとエラーになるため、「Array.from()」の()に配列を指定して使用するようにします。

lengthのパラメータ

lengthはプロパティになるため、パラメータはございません。

lengthの返り値

lengthは文字列に含まれるひとつひとつの文字の文字コードの数の合計を返すことから、返り値として対象の文字列の文字の数を返します。

また、配列の場合は、指定した配列の大きさを返します。

lengthで指定した文字列の長さを取得するサンプルコード

lengthで指定した文字列の長さを取得するサンプルコードをご紹介します。

ここでは、下記の2つのパターンでlengthを使用します。

  1. 指定する文字列が半角文字列である場合
  2. 指定する文字列が全角文字列である場合
  3. 指定する文字列が空文字である場合

指定する文字列が半角文字列である場合

指定する文字列が半角文字列である場合にlengthを使用してみます。

⚫︎ Main.js

⚫︎ 実行結果

指定する文字列が半角文字列である場合にlengthを使用した結果

文字列が半角文字列である場合にlengthを使用すると、1文字1カウントで数えられるようになります。

そのため「DEMON SLATER!」は13文字であることから、「13」が返されています。

指定する文字列が全角文字列である場合

指定する文字列が全角文字列である場合にlengthを使用してみます。

⚫︎ Main.js

⚫︎ 実行結果

指定する文字列が全角文字列である場合にlengthを使用した結果

文字列が全角文字列である場合にlengthを使用すると、こちらも1文字1カウントで数えられるようになります。

そのため「鬼滅の刃!」は5文字であることから、「5」が返されています。

指定する文字列が空文字である場合

指定する文字列が空文字である場合にlengthを使用してみます。

⚫︎ Main.js

⚫︎ 実行結果

指定する文字列が空文字である場合にlengthを使用した結果

文字列が空文字である場合にlengthを使用すると、「0」が返されます。

lengthで指定した配列の大きさを取得するサンプルコード

lengthで指定した配列の大きさを取得するサンプルコードについてご紹介します。

ここでは、下記の2つのパターンでlengthを使用します。

  1. 1次元配列の場合
  2. 2次元配列の場合

1次元配列の場合

1次元配列の場合にlengthを使用してみます。

⚫︎ Main.js

⚫︎ 実行結果

1次元配列にlengthを使用した結果

lengthによって1次元配列の大きさを取得することができます。

そのため、配列の中には要素が5つあることから、「5」が表示されています。

2次元配列の場合

2次元配列の場合にlengthを使用してみます。

⚫︎ Main.js

⚫︎ 実行結果

2次元配列にlengthを使用した結果

lengthによって2次元配列の大きさを取得することができます。

また、配列の後ろにインデックスを1つ指定することで、2次元配列にある1次元配列の大きさを取得することができます。

そのため、2次元配列の中には要素が3つあることから「3」が、指定した1次元配列の中には要素が5つあることから「5」が表示されています。

lengthを実際に使用することができるケース

lengthの使い方は理解したものの、どこでどのように使用するのか気になるかと思います。

そのため、ここではlengthを実際に使用することができるケースについてご紹介していきます。

入力する文字列の長さに制限をかける場合

lengthを使用することで、入力する文字列の長さに制限をかけることができます。

例えば、入力する文字列に対して、10文字以上かどうかを判断する処理を付けたいとします。

すると、下記のようなコードになります。

⚫︎ Main.js

⚫︎ 実行結果

lengthで入力する文字列の長さに制限をかけた結果

lengthを使用することで、入力した値の長さを測定し、その長さが10文字未満か以上かを判別しています。

そのため、10文字未満の文字列を入力するとエラーメッセージが表示され、10文字以上の文字列を入力するとメッセージが無くなります。

Sossy

「blur」は要素のフォーカスを外した時にイベントを発動させる動きになります。
そのため、入力した後にカーソルを外したタイミングでメッセージが流れています。

配列に対して繰り返し処理を行う場合

配列に対して繰り返し処理を行う場合に、lengthを使用することができます。

例えば、配列の要素全てに対して10より大きいか小さいかを比較する処理を行いたいとします。

すると、下記のようなコードになります。

⚫︎ Main.js

⚫︎ 実行結果

lengthで配列に対して繰り返し処理を行った結果

for文の条件式に「配列の長さ – 1」を指定することで、配列の大きさ分の繰り返し処理が行われるようになります。

そのため、それぞれの要素に「10より大きいか小さいか」のメッセージが表示されています。

まとめ

⚫︎ lengthとは、指定したオブジェクトの長さをカウントすることができるプロパティである

⚫︎ lengthにはパラメータはない

⚫︎ lengthは返り値として、文字列の場合は文字の数を、配列の場合は指定した配列の大きさを返す

⚫︎ lengthは半角や全角関係なく、1文字1カウントとして数える

⚫︎ lengthは文字列が空文字である場合は、0を返す

⚫︎ 配列に複数の要素が存在する場合にreverse()を使用すると、逆順になって配列が返される

⚫︎ 配列に要素が1つだけ存在する場合にreverse()を使用すると、配列がそのまま返される

⚫︎ 配列に要素が存在しない場合にreverse()を使用すると、空の配列が返される

⚫︎ reverse()で連想配列の要素の並びを逆順にすることができる
(直接使用できないため、値とキーで分ける必要がある)

⚫︎ lengthは実際に下記のようなケースで使用することができる
・ 入力する文字列の長さに制限をかける場合
・ 配列に対して繰り返し処理を行う場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。