【最速10分!】Amazon Lightsail(AWS)でWordPressを開設する方法!

(この記事は2021年12月30日に投稿されました。)

皆さんはブログやサイトを開設しようと思ったとき、どこのサーバーをレンタルしていますか?

Xsever、ConoHa WING、ロリポップなど有名なレンタルサーバー会社でレンタルをしているかと思います。

しかし、それらのサーバーよりも安く、同じくらいかそれ以上のスペックを持っているサーバーがあります。

それは、Amazon Lightsailです。

Amazon LightsailとはAWSというAmazonが提供している仮想のプライベートサーバーサービス(VPS)であり、通常のレンタルサーバーのようにサーバーをレンタルできるサービスになります。

そして、Lightsailはプライベートサーバーサービス(VPS)であることから「専用サーバー」というものであり、一番安いプランでは月350円となっています。

つまり、WorPressを安くてハイスペックなレンタルサーバーで運用することができます。

しかし、「AWS」という言葉を聞くと、「環境を設備するまでが難しくて面倒」という印象があり、初心者の方は簡単な操作でレンタルできるサーバーを選ぶのがほとんどです。

そこで試しとして自分でもAmazon Lightsailを使ってみたのですが、約10分ほどでWordPressを開設することができました。

元エンジニアだからという理由もあるかもしれませんが、操作は簡単なので初心者の方でもこちらの記事を見れば15分ほどでAmazon LightsailでWordPressを開設することができるでしょう。

そのため、今回はAmazon Lightsail(AWS)でWordPressを開設する方法について紹介していきます。

この記事はこんな方におすすめ
・Amazon LightsailでWordPressを運用しようかと思っている人
・現在レンタルしているサーバーから引っ越したいと思っている人




Amazon Lightsail(AWS)とは

Amazon LightsailとはAWSというAmazonが提供している仮想のプライベートサーバーサービス(VPS)の1つとなります。

通常のようにレンタルサーバーを利用して、サービスに申し込みをしてWebサイト・サービスを作ることができます。

そして、LightsailにはLinuxやWindowsなどのOSに加えて、WordPressなどのアプリなどにも用意されており、自分の使い方に合ったものを選ぶ事ができます。

Sossy

LightsailとはAWSの仮想のプライベートサーバーサービス(VPS)の1つであり、個人ブログやサイトを作成するのに適したサービスになります。
また、大手ECサイトなどを運用しようとなると「EC2」というサービスが適しています。

Amazon Lightsail(AWS)でWordPressを運用するメリット


「普通のレンタルサーバーと変わらないなら有名なサーバーで良い。」
「設定がめんどくさそうだから簡単に設定できるサーバーでいい。」

と思うかもしれません。

しかし、Amazon Lightsail(AWS)でWordPressを運用すると、下記のようなメリットがあります。

⚫︎ 低価格のコストでWordPressを運用できる
⚫︎ 専用サーバーでWordPressを運用できる

それぞれのメリットについて詳しく紹介していきます。

低価格のコストでWordPressを運用できる

まず、1つ目は低価格のコストでWordPressを運用できるということです。

有名なレンタルサーバーの料金は一番安いプランで「600円/月」、高めのプランで「1000円/月」となっています。

それに比べてLightsailは、一番安いプランで「350円/月」でサーバーを運用することができます。

また、Lightsailを使用し始めると、無料トライアル枠として3ヶ月間無料でサイトを運用することができます。

サーバー費が月に350円だけだったり、3ヶ月間無料でサーバーを使用できたりするのはとても魅力的ですよね。

専用サーバーでWordPressを運用できる

そして、2つ目は専用サーバーでWordPressを運用できるという点です。

専用サーバーとは1台のサーバーを特定のユーザーが専用に使うレンタルサーバーのサービスです。

イメージは「一軒家で一人暮らしをする」ような状態となります。

一軒家で一人暮らしをすると、自分が使用できるスペースはとても広く、色々な家具や物を置くことができます。

また、友達をたくさん呼んでも窮屈ではありません。

そのため、専用サーバーは自分が使用できる容量がとても多く、同時に大量のアクセスがあっても気にすることなくサイトを運用することが可能になります。

そして、契約の途中でも容量やCPUなどのカスタマイズができるので、常にハイスペックなサーバーでWordPressを運用することができます。

Amazon Lightsail(AWS)でWordPressを開設する方法

ここではAmazon Lightsail(AWS)でWordPressを開設する方法について紹介していきます。

主に下記の手順でWordPressを開設することができます。

1
AWSのコンソールにサインインする
AWSのコンソールにサインインできるように設定します。
2
Lightsailでインスタンスを作成する
LightsailでWordPressを運営するためのインスタンスを作成します。
3
インスタンスの静的IPアドレスを作成する
運営するサイトの静的IPアドレスを作成します。
4
WordPressにログインするためのパスワードを取得する
WordPressの管理画面にログインするためのパスワードを取得します。
5
WordPressにログインして設定を行う
WordPressの管理画面にログインして設定を行います。

AWSのコンソールにサインインする

まずは、AWSのコンソールにサインインするため、[コンソールにサインイン]をクリックします。

AWSのTOPページ

するとAWSのログイン画面が表示されますので、[ルートユーザー]を選択してメールアドレスを入力します。

AWSコンソールのログイン画面1

すると、セキュリティチェック画面が表示されますので、入力後にパスワードを入力すればサインインが完了です。

まだ、AWSのアカウントを作成していない場合は[新しい AWS アカウントの作成]をクリックしてアカウントを作成しましょう。

AWSコンソールのログイン画面2

AWSのコンソールにサインインできましたら、[全てのサービス] → [Lightsail]をクリックしてLightsailの管理画面を表示するようにします。

⚫︎ AWSのコンソール画面

AWSのコンソール画面1

⚫︎ [全てのサービス]のクリック後

AWSのコンソール画面2

すると、下記の画像のようなLightsailの管理画面が表示されます。

Amazon LightsailのTOPページ1

Lightsailでインスタンスを作成する

Lightsailの管理画面が表示されましたら、インスタンスを作成していきます。

Lightsailでのインスタンスとは、1つのサーバーみたいなものになります。

そのため、Lightsailで複数のサイトを運営するとなると、サイトの数だけインスタンスを作成する必要があります。

まず、[インスタンスの作成]をクリックします。

Amazon LightsailのTOPページ2

すると、インスタンスの設定画面が表示されますので下記のような複数の項目を設定していきます。

⚫︎ インスタンスロケーションを設定する
⚫︎ インスタンスイメージの選択をする
⚫︎ インスタンスプランの選択をする
⚫︎ インスタンスを確認する

インスタンスロケーションを設定する

まず、インスタンスロケーションを設定していきます。

インスタンスロケーションのデフォルトは「バージニア」になっていますが[AWS リージョンとアベイラビリティーゾーンの変更]をクリックして「日本」を選択しましょう。

⚫︎ [インスタンスの作成]クリック後

Amazon Lightsailのインスタンス作成画面1

⚫︎ [AWS リージョンとアベイラビリティーゾーンの変更]クリック後

Amazon Lightsailのインスタンス作成画面2

インスタンスイメージの選択をする

インスタンスロケーションを設定できしましたら、インスタンスイメージの選択していきます。

プラットフォームの選択は「Linux / Unix」か「Microsoft Windows」を選択することができますが、「Linux」を選択します。

また、設計図の選択ですが、「WordPress」を選択します。

Amazon Lightsailのインスタンス作成画面3

インスタンスプランの選択をする

インスタンスイメージの選択しましたら、インスタンスプランの選択していきます。

どのプランを選択しても問題ありませんが、安さ重視で考えているなら「$3.5USD」を選択しましょう。

Amazon Lightsailのインスタンス作成画面4

インスタンスを確認する

インスタンスプランの選択できましたら、インスタンスを確認していきます。

「Lightsail リソース名」は分かりやすいように「ブログ名」を入力しましょう。

キーオンリータグ、キー値タグは何も設定しなくても構いません。

インスタンスを確認できましたら、[インスタンスの作成]をクリックします。

Amazon Lightsailのインスタンス作成画面5

すると、Lightsailの管理画面にリソース名でインスタンスが追加されます。

しかし、インスタンスのステータスが「保留中」になっていますので「実行中」になるまで数秒かかります。

Amazon Lightsailのインスタンス作成後1

ステータスが「実行中」になりましたら、インスタンスの作成は完了です。

Amazon Lightsailのインスタンス作成後2

インスタンスの静的IPアドレスを作成する

Lughtsailでインスタンスを作成しましたら、静的IPアドレスを作成していきます。

このままでもWordPressが立ち上がっていますが、IPアドレスが固定されていないのでこのままだとインスタンスを再起動するたびにIPアドレスが変わってしまうようになります。

そのため、静的IPアドレスを作成してインスタンスを再起動してもIPアドレスが固定されるよう設定していきます。

まず、作成したインスタンスをクリックします。

Amazon LightsailのTOPページ3

すると、インスタンスの接速画面が表示されますので[ネットワーキング]をクリックして、インスタンスのネットワーキング管理画面に移動します。

Amazon Lightsailのインスタンスの接続画面

ネットワーキング管理画面が表示されましたら、[静的IPの作成]をクリックして静的IPの作成していきます。

Amazon Lightsailのネットワーキング画面1

すると、静的IPの設定画面が表示されますのでインスタンスのアタッチと、静的IPの指定はそのままで[作成]をクリックします。

Amazon Lightsailのネ静的IP作成画面

[作成]をクリックした後は[静的IPの作成]が静的IPのリソース名として表示されますのでこれで静的IPアドレスの作成は完了です。

Amazon Lightsailのネットワーキング画面2

WordPressにログインするためのパスワードを取得する

静的IPアドレスを作成できましたら、WordPressにログインするためのパスワードを取得していきます。

インスタンスを作成した時点でWortdPressは起動しているのですが、管理画面にログインできていません。

そのため、ログインするためのパスワードを取得してWortdPressにログインできるようにします。

まずはインスタンスの[ターミナルマーク]をクリックしてターミナルを起動させます。

Amazon LightsailのTOPページ4

ターミナルが起動しましたら、下記のコマンドを入力します。

すると、英語の文字列が表示され、そちらがパスワードとなりますのでコピーするかメモしておきましょう。

Amazon Lightsailのターミナル画面

パスワードをメモかコピーした後は[×ボタン]を押して閉じましょう。

WordPressにログインして設定を行う

WordPressにログインするためのパスワードを取得できましたら、WordPressにログインして設定を行っていきます。

こちらでは下記の手順となっています。

1
WordPressにログインする
WordPressの管理画面にログインします。
2
WordPressの言語を日本語に設定する
WordPressの言語を日本語に設定します。
3
WordPressのユーザーを変更する
WordPressを運営するユーザーを変更します。

WordPressにログインする

まずは、ユーザー名とパスワードを入力してWordPressの管理画面にログインしましょう。

WordPressのログインを表示するにはブラウザのURLに「IPアドレス/wp-admin」と入力します。

すると、WordPressのログイン画面が表示されますので、Username or Email Addressは「user」でPasswordは「先ほどターミナルで取得した英語の文字列」を入力して[Log In]をクリックします。

WordPressログイン画面

下記の画像のような管理画面が表示されましたらログインが完了です。

WordPressのダッシュボード画面1

WordPressの言語を日本語に設定する

WordPressにログインできましたら、言語を日本語に設定します。

まず、[Settings] → [General]をクリックします。

WordPressのダッシュボード画面2

すると、一般設定の画面が表示されますので「Site Language」の項目を「日本語」に選択して[Save Changes]をクリックして保存します。

WordPressの設定画面

すると、WordPressで表示されていた言語が日本語に切り替わります。

WordPressのユーザーを変更する

WWordPressの言語を日本語に設定できましたら、ユーザーを変更していきます。

[ユーザー] → [ユーザー一覧]をクリックします。

WordPressのダッシュボード画面3

すると、ユーザーの管理画面が表示されますので[新規追加]をクリックしてユーザーを作成していきます。

WordPressのユーザー画面1

ユーザーを作成するためには、下記の画像のように複数の項目を設定する必要がありますので紹介していきます。

WordPressのユーザー作成画面一覧

⚫︎ ユーザー名
⚫︎ メール
⚫︎ 名
⚫︎ 姓
⚫︎ サイト
⚫︎ 言語
⚫︎ パスワード
⚫︎ ユーザーに通知を送信
⚫︎ 権限グループ

ユーザー名は自分の好きな名前を英語で設定します。

WordPressのユーザー作成画面1

こちらはWordPressをログインするために必要になりますので分かりやすい名前にしておきましょう。

メールは自分が常に使用するメールアドレスを入力しましょう。

WordPressのユーザー作成画面2

名と姓は入力する必要はありませんが、自分の名前を入力しましょう。

また、サイトも入力する必要はありませんのでそのままで良いです。

WordPressのユーザー作成画面3

言語は「サイトデフォルト」になっていますが「日本語」に設定しましょう。

WordPressのユーザー作成画面4

パスワードはWordPressにログインする際に必要になりますのでメモするかコピーしておきましょう。

WordPressのユーザー作成画面5

ユーザーに通知を送信はデフォルトではチェックを入っていいますがこちらもそのままで良いです。

WordPressのユーザー作成画面6

権限グループは「購読者」になっていますが、「管理者」に設定します。

WordPressのユーザー作成画面7

以上で設定が完了しましたら、[新規ユーザーを追加]をクリックしましょう。

WordPressのユーザー作成画面8

すると、ユーザーの作成が完了し、ユーザーのリストに追加されるようになります。

WordPressのユーザー一覧画面2

ユーザー作成が完了しましたら一度ログアウトをして、先ほど作成したユーザー名とパスワードで再びログインします。

WordPressのログイン画面2

自分のユーザーでログインした後は、ユーザー一覧画面を再び表示してuserを削除しましょう。

これで、Amazon Lightsail(AWS)でのWordPressの開設は完了です。

Sossy

「user」はデフォルトのユーザ名となるため、パスワードを知られてしまうと誰でもログインできてしまいます。
そのため、自分のユーザー名を作成し、userは削除しておきましょう。

Amazon Lightsail(AWS)に独自ドメインを設定するには

これでAmazon Lightsail(AWS)でWordPressを開設する設定は完了ですが、URLがIPアドレスのままになっています。

この記事を見ている人は、レンタルサーバー同様に「aaa.com」や「bbbb.jp」など独自ドメインとして表示させたい人がほとんどだと思います。

結論から言うと、Amazon Lightsail(AWS)と独自ドメインを設定するのは可能ですが、設定方法は取得したドメイン会社によって異なりますので注意が必要です。

ここでは詳しくはご紹介しませんが、どのドメイン会社でも根本的な設定操作は同じかと思いますので、インターネットで調べてみるのもありかと思います。

しかし、当サイトではムームードメインでの独自ドメインとの設定方法はご紹介しておりますので、Amazon Lightsail(AWS)にムームードメインで取得した独自ドメインを設定する方法について詳しく知りたい場合は下記の記事をご参考ください。

まとめ

⚫︎ Amazon LightsailとはAWSというAmazonが提供している仮想のプライベートサーバーサービス(VPS)の1つ
(Amazon Lightsailはレンタルサーバーのように、サービスに申し込みをしてWebサイトのサービスを作ることができる)

⚫︎ Amazon Lightsail(AWS)でWordPressを運用するメリットは下記の2つである
・ 低価格のコストでWordPressを運用できる
・ 専用サーバーでWordPressを運用できる

⚫︎ Amazon Lightsail(AWS)でWordPressを開設するには下記の手順となる
・ AWSのコンソールにサインイン
・ Lightsailでインスタンスを作成
・ インスタンスの静的IPアドレスを作成する
・ WordPressにログインするためのパスワードを取得する
・ WordPressを設定する

⚫︎ Amazon Lightsail(AWS)に独自ドメインを設定することができる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。